2010年12月29日

「どうしたら?」

靴下をあべこべに、種類を間違えはいていてもあまりバレない。それはそれ以上に目立つものがたくさんあり、靴下なんて小さなものは打ち消されてしまうから。
その逆のこと。私たち車椅子に乗っている人間は、その他たくさんあるはずのシーンはなかなか目にして気にしてもらえない。車椅子、その事実が目立ちすぎて。
車椅子は個性を奪う。私たちは「車椅子の」でひとくくりにされ、いくら何をしていても個別に評価されにくい。何をしても無駄。振り向いてもらえない。だったら何もしない方が楽だし…
そんな惰性(だせい)。それが私たちを消極的にする。どうでもいい。自分の体を保つことににすら。そう、自分すらかえりみなくなる。どうせ見てもらえないんだからと、姿形すら気にしなくなる。
確かに車椅子であることは現実。でもそれだけじゃないんだ。
うまい伝え方を今日も模索する。
posted by かおり at 00:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

「外したい」

「私記憶力悪いから…」
そう、記憶力記憶力とみんな言う。それが一つの能力のように、自分を卑下したり誰かをうらやましがったり。でも、
「それは違うんじゃない?それは言い訳じゃない?」私はよくそう言う。
だって好きなことは誰でもよく覚えるじゃない。それとなかなか覚えられないもの、何が違う?
そう、大事なのは記憶力じゃない。大事なのは注意力。どれだけ覚えられるか、それはそこにかかってくる。
注意力散漫。その言葉は馬鹿にされているよう。だから「記憶力」という言葉はある。つまり後付け。言い訳。少しでも聞こえがいいように。
つまり、いつになっても記憶力は鍛えられる。だってそれは注意力ですもん。方法だって簡単。覚えたいものに注意してればいいんだから。
人は「諦め」という鎖で、持っているであろう無限の可能性を縛ってしまっている。それはきっと私も。それを外すのはとても難しくて…
posted by かおり at 22:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

「できれば」

形あるものいつかは壊れる
いくら嫌でもそれが真実
壊れてがっかりしなくてもいい
それがそれの運命だから

壊れる時は試される時
それをそのままほっといていくか
えいやと新たを作るのか
対応力を試されている

命あるものいつか別れる
いくら辛くもそれが真実
別れてがっくりしなくてもいい
いずれそうなる運命だから

別れる時が試される時
それをそのまま寂しくいるか
思い出持ちつつ進むのか
対応力が試されている

君が後悔しないのならば
止まっているのも一つの選択
だから強制できないけれど
できれば共に頑張りたい
posted by かおり at 23:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「落ちないために」

できないことは星の数
それでため息つくことも
どうにも自信がなくなって
自分の価値すら見えてない

ううん違う本当は
誉められてること知っている
だけど素直になれなくて
どうせどうせ僕なんて

できることなど少なくて
諦めること慣れている
だから自信なんてない
自分を大事にできなくて

ううん違う気付いてよ
君にはちゃんと役目ある
素直じゃないねいつの日も
いつもどうせと言わないで

後ろ向いてちゃ見えないよ
肩を叩く手気付いてよ
そして瞳を開いてよ
生きてる道を歩くため

前向き僕が叫んでる
君の側には落とし穴
このまま歩けば落ちてしまう
そんなの嫌だろ?前を見て
posted by かおり at 15:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「耐えて信じて」

足を引っ張る人たちは
転べば喜び手を叩く
責任転嫁と気付かずに
自分の非力に目もくれず

そんなの重々知ってても
言えば立場が悪くなる
理解されるその日まで
自分を信じて耐えるだけ

不平ばかりが先立って
四面楚歌に陥らす(おちいらす)
責任全て押し付けて
自分の役割気付かずに

それはそれでかまわない
反抗してもむなしくて
分かってもらうその日まで
自分を信じて生きるだけ

耐えて信じて生きていく
悲しく辛く泣きながら
文句言いたい時もある
諦めたい時あるけれど

耐えて信じて生きていく
はがゆい批判に泣きながら
目をそらしたい現実や
逃れ(のがれ)たい時あるけれど
posted by かおり at 15:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

「見もの」

楽としんどいは1セット。"美しい薔薇には棘(とげ)がある"、甘い言葉の奥には必ず落とし穴がある。昔から言われる通り。だけど、
人は甘い言葉しか見ない。甘い言葉にはすぐに食いついてしまう。その裏にある落とし穴には気付かずに。
いや、気付いているのかもしれない。"臭いものには蓋"。ただ見ないふりをしているだけで。
今にはじまったことではないが、ダイエットと名がつけば何でも売れる。いつまでもそれは変わらない。ということは、それで痩せれない人がほとんどだから。
見てみるといかにも楽そうな文句が並んでいる。人はそれにすぐに食いつく。罠と気付かずに。
そう、それは罠。だって、
楽としんどいは1セット。書いてある楽なものだけで完結できるわけはなく、蜜を見せて手を出させているだけ。それを罠と言わずして何と言う?
さて次はどんな罠が仕掛けられ、どのくらいの人がそれに捕まるのだろうか?
posted by かおり at 20:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

「覚悟」

年扱いは怒るのに
年のせいにはすぐしてる
誰かに言われたくはない
自分の言い訳にはするが

胸に手を当て聞いてごらん?
そんな矛盾してないかい?
どうして?どこが違うのさ?
自分勝手と違うのかい?

他人に言われるのは嫌で
だけど自分の言い訳で
まだまだ僕は若いはず
仕方ないさ年だもん

胸に手を当て聞いてごらん?
そんな矛盾言ってない?
いつも都合のいい人間
いつも逃げ道作ってる

年に見られたくないなら
年のせいにしては駄目
それはしんどく疲れるが
自分を嘘にしないため
posted by かおり at 18:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

「選択」

病気や障害は罪じゃない。
難病と言われるものと共存しながら親元を離れ、一人暮らしを続けるのはそれを伝えるため。言葉だけの薄っぺらいものでなく、実際の肉付けをされた形で。これまでもそういう人は沢山いた。あなたがしなくても、そう言われるかもしれないでも、
全ては風化していくもの。難病という、ケースが少数のもののスピードは特に速い。
そんなの食い止めるべきでしょう?
病気や障害は罪じゃない。
あんたなんかどうだってない!
病気や障害
後からノコノコやってきたものに主導権なんて渡さない!
そう言えるのは強いから、なんて諦めるのは簡単。実際私だって何度諦めかけたことか。こんな生き方しんどいから。
病気や障害は罪じゃない。
だけど胸を張って生き続けていたいから。これは譲れない私の選択。未来への扉を今、こじ開けるために。
posted by かおり at 00:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「助けて」

鉄砲玉な性格で
後悔多いmy life
それが魅力とされてるが
真っ赤な生傷たえなくて

容易に会えぬ現実に
落ち込みたくなるmy life
出会えた意味はきっとある
生まれた生傷癒えないが

忘れてないよと言われたい
一人で過ごすmy life
空虚な天井見つめては
生傷癒す声を待つ

隠しきれない泣き言に
崩れそうなmy life
いつもは勇気を与えたい
でも
傷みに倒れたい時も
posted by かおり at 17:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

「ポジティブシンキング」

会えない時間ははがゆく辛い
待ってる時間は不安で嫌だ
信じてるのはとてもしんどい
投げ出せれれば楽だろうけど

暗くなるのは好きではないし
諦めるのはすごく悔しい
下を向くのは簡単だけど
それじゃあ誰も振り向かないよ

会えない空間悲しく寂しい
待ってる空間安心できない
信じることが長くなると
全てを手放し逃げたくなる

暗いの人間好かれ(すかれ)はしない
諦めるのはもったいないだけ
下を向くのは格好悪いし
それじゃあ誰も笑わないから

かなわないかもしれないけれど
明るい場所でいつか会おうそのため僕がやっていくこと
焦らずクサラずゆったりいよう
posted by かおり at 23:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。