2013年06月09日

「季の歌」

露草の 涙は単なる 水蒸気 風情か知識 どちらを選ぶ?

満月の 月の光は 強すぎて 自然の公害 星か見えない

旬の味 旬のコトバを 持ち寄って 季節の宴 開きませんか?

虫の音で 季節の移ろい 感じてた 戻らぬ田舎に 感謝の短歌(ことば)を

歌ってる 草木も風も 鳥たちも 流れる季節の 旋律に乗り

待たずとも 意識せずとも 咲き誇る 四つの季節 飾る花々

日常の 雑踏の中に 消え失せた 季節の歌を 掘り起こしてみる

わかるけど 商売道具に しないでね 季節の行事 続く伝統

誕生し 生きてきた日を 思い出し 季節の姿 短き言葉に

描く(えがく)のは 絵画だけじゃ ないんだよ 言葉で示す あなたの心で

理性にて 暑いだ寒いだ 文句付け 移ろう季節に 素直になれぬ

温暖化 ここ日本でも 季節感 消えゆく現実 せめて言葉は

晴と雨 そのバランスこそが 美しい 適度な乾燥 適度な潤い

ほのぼのと 安き言葉で 映し出す 季節のぬくもり 季節の優しさ

言葉にて 頭に映像 描きたい 自然を命を 讃える(たたえる)ために

「季の歌」で 一人百首を 目指したい 叶うかどうか 分からぬけれど

早々と 現実先立ち 描く(かく)季節 心の準備を 余裕をつくって

一年の 計は元旦に ありと言う 新たな季節 心の門出

天空に 願いよ届けと 火を燃やす どんどの祭事に 人の輪つくって

暖冬も 寒いことには 変わりない 着るもの増えて 見た目も丸い

雪景色 きれいじゃないよ 寒いだけ 雪国育ちの 冷めた感情

今はまだ 太陽勝てぬ 北風に 頭すくめて 足を速める

早春や 冬の終わりの 梅の花 桜の花への 目覚ましのベル

山里の 寒の水にも ふきのとう 季節よちよち 千鳥足かな


寒いから 綿をまとった ゆきやなぎ 冷たい風吹く 下校の道で

道端で 春風包んだ ゆきやなぎ 白き顔して 優しく微笑む

雪解けに 力与える 木漏れ日は 冬の雲裂く まぶしき光

まだ寒い 季節は春と されるけど 朝はマイナス 雪はちらつく

はっけよい 三寒四温の 名のもとに 冬と春とが 相撲をとってる

ぬくもりは 嬉しいけれど 恐怖だね マスク離せぬ 花粉症には

春近し 居座る冬に 強風で 交替だよと 無言で腕押し

香り立つ 野の花添えて 恋文を あなたに感謝の 想いよ届け

青空に つぼみふくらむ 桜見て 日差しのぬくもり 視覚の触感

早かった! 開化したての 桜の木 寒の戻りで 歩みを止める

開花した でもまた雪が 降りだした めげない強さ 桜に学ぶ

桜咲く 入学祝いの 文房具 ささやかながらも きらめくアイテム

花見前 去年の気温を 懐かしみ 戻らぬ過去に タイムスリップ

もう一年? ピンクと青の 空見上げ 思わず呟く 恨み節かな

木の下で 花より団子で 騒いでる ごめんね桜 綺麗なのにね

絵葉書で 元気ですか?の 一筆(いっぴつ)に 桜のたよりの 景色を添えて

人はみな 花見花見と言うけれど それは言い訳 騒ぎたいだけ

夜桜に 月夜を重ねて 空見上げ 散りゆく季節に ほのかな光を

嵐来て 花も落ちると 思ったが 意外にしぶとい 命の輝き

ひらひらと 別れを告げる 桜見て 自然の輪廻の 強さに魅(ひ)かれて

花散って 寂しく見える 桜木に 静かに寄り添う 初夏の陽光

花時計 時間と共に 顔中に 季節の香り 季節の移ろい

五月晴れ 雲を切り裂き のぞく日は ツツジの蜜の 甘さに似ている

しとしとと 五月雨(さみだれ)降らす 天空に 地球の潤い 窓より頼む

紫陽花(あじさい)を のんびり進む かたつむり 今日も生きよう 地に足つけて

赤と青 花の色にて 土の質 リトマスいらずに 示す紫陽花

梅雨空の 暗き空間 照らす日は 暗き世の中 励ます光

雨予報 だけど諦め たくなくて レーダーにらみ 止み間を探す

お茶の葉の 新芽を摘み取り 煎じてる 命の服用 感謝を込めて

空梅雨は 外出増えるが 困りもの 雨の季節は 雨こそ似合う

優しさを 忘れた季節の 情報に 不安を感じて 身を萎縮する

雨降って 車が増えて うっとうしい そんな私は 自己中心かな

七夕は 織姫彦星 出会う時 雨が降るなら 白鳥の背に

雨上がり 地面にきらめく 陽光は たくまし命に 奏でる賛美

梅雨空の 暗き空気に 少しでも 明るき光を 楽しみ見つけ

晴れ休み 雨の降る日も 必要さ 乾いた大地 潤してるから

梅雨明けの まぶしき朝日映す海 はしゃぐ声色(こわいろ) 静かに待ちわび

海岸に はしゃぐ足音 波あびて はねあげしぶきに 遊ぶ陽光

熱中症 水分だけじゃ 足りないよ 塩分補給も 覚えていてね

海の日に 海への回起 思うのは 海への感謝 忘れないため

うだるよな 太陽の熱 避けるため 渓流見下ろし 風を感じる

上下から 熱せられてる 車椅子 ホットサンドの パンに似ている

暑すぎて 蝉さえ鳴かぬ 夏の午後 日陰探すが 太陽真上

夏バテは 食べることすら 義務になる のど越し良いもの 力にならぬ

夕方に 入道雲が やってきた ほてった大地を 潤すために

寂し気な 休耕田に ひまわりを 米から笑顔へ それも転作

夏空も 今の空気は 暑いとさ 雷鳴き声 豪雨は涙

ジェット気流 台風速める 偏西風 地球の空気が よどまぬように

里帰り ネオンなどない 里山の 変わらぬ風に 心を癒す

送り火の 古くの伝統 守るため 花火を打ち上げ 人を集める

盆過ぎて 虫の声にも 秋の風 つくつくほうしに ヒグラシの音

虫の音も 月光浴びれば 琴の音に 高貴な調べは 闇でも歌う

残暑の夜 氷食べ食べ 本を読む 生き抜く知識 取り込むために

雨水と 元気な太陽 取り込んで 旬の命を 頭上に抱く

ありがとう 感謝の気持ち 忘れない 年増す喜び 終わったけれど

栗の実の 尊き命を 守るため 剣(つるぎ)を見せて 鎧をその身に

夕暮れの 紅き光を 映す山 命の光へ 感謝の行為

黄道(こうどう)を 四つに隔て 祝うのは 日本だけかい? 季節の宴

台風は 南国生まれの 暴れ馬 自然の猛威 雨と風とで

バイバイと 手を振る楓に 微笑んだ またの出会いを 明るく望んで

ろうそくの 火は消える前 はなやかに 銀杏の紅葉 楓の紅葉

広葉樹 一年生きて 腐葉土に 新たな命 育むために

次世代へ くすんだ色でも 伝えたい 命の輝き 命の力

山苺 幼い時に 食べた味 甘くて酸っぱい 淡き思い出

収穫は 初霜降る日を 待ってよう 葉ものの野菜が 美味くなる日を

霜柱 土持ち上げる 力持ち 寒さに澄む空 見上げたくて

南瓜(かぼちゃ)食べ 柚子湯(ゆずゆ)に入り 邪気払い 冬至の知恵を 体に刻む

低音で 山里に鳴る 雷は 冬将軍の 太鼓の響き

雪振りは 空の涙さ 嘘じゃない 恥ずかしがり屋で 隠してるけど

日中の 凍えた体を ほぐすため 湯の空間にて 心を伸ばす

年の瀬の 深夜にとどろく 除夜の鐘 高貴な願いは 山をも越えて
posted by かおり at 17:36| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

「いじめ」

なかったことにできないけれど
なかったことにしたくないけど
忘れなければ笑えないから
苦肉の策で幕を張ったが

繰り返される過去の痛み
掘り返される過去の記憶 思い知るのは過去の残酷
あまりに強い傷の思い出

深い意味などあるわけはない
知っているから目をつむってきた
黙っていたなら解決してく
傷付かないため逃げてばかりで

もしも止められていたとしたら
ここまでのことなかったのかな?
それとも何も考えてない
何もできない慰めなのかな?
posted by かおり at 00:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

「聞きたいけど」

みんなにすごい言われるが
当の本人自信なく
心の奥で泣いている
持たれる期待強すぎて

そうして夢は捨てられる
周りの過度な重圧で
捨ててしまえば楽になる
そんな言葉に魅せられて

当の本人分かってる
みんなにいいなと言われても
本当は泣き虫あかんたれ
それを誤魔化してることを

つながることはありますか?
自分と他人にある垣根
僕の悩みは特殊なの?
聞いても無駄なだけですか?
posted by かおり at 23:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

「僕だけ?」

いつまでもいたいけれども
いつの日かまた会えるように
バイバイはまたねのサイン
終わらない始まりの時

いやいやと首を振るけど
時間だと振り向く背中
寂しくて名前を呼ぶが
その答え返ってこない

いつまでも側にいたいが
それぞれの暮らしがあるし
バイバイはまたねの合図
終わらない温もりの時

じゃあまたと帰ってく君
その背中信じたいから
また合えるその日までは
諦めずここで生きよう

弱い自分と強い自分と
せめぎあうのは僕だけですか?
弱い自分と強い自分と
同居するのは僕だけですか?
posted by かおり at 21:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

「惑わせないで」

知らない場所で知らない人が
命を懸けて働いている
そんなことは知ってるなのに
素直に感謝ができないでいる

口から出るのはため息ばかり
それで解決などしないのに
信じる心をなくしてしまい
不安の池に沈みつつある

見知らぬ土地で見知らぬ人が
命をかける覚悟している
そういうことを理解してるのに
見守ることすらできないでいる

文句ばかりが先走っていて
解決いつも人にまかせる 考えることさえしていないのに
早々諦め捨てようとしてる

命の危機は僕だけじやない
未来を望むは僕だけじやない
小さな不安輪をかけないで
明日も笑顔で生きていたいよ
posted by かおり at 23:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

「継続」

過ぎ去りし日の思い出を
負けそうな時思い出す
それは優しく暖かい
希望に染まる日々だから

そんな自分がうらめしい
弱さを認める時だから
これから先を諦めて
逃げ出しているだけだから

過去に出会った人のこと
辛い時に思い出す
その手は優しく裏切らず
否定されることもない

そんな自分が恥ずかしい
目を閉じているだけだからそれで手首を見ることも
情けない僕消したくて

過去は積み重ねるもので
思い返すものでない
今は辛いか信じたい
続けたならば光ること
posted by かおり at 22:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「他力本願?」

過去の栄光しか見えなくて
今の幸せさえ見ていない
流れる時間は残酷だから
来る未来に夢を持てない

よどんだ水では夢は咲かない
流れるだから海が開ける
流れがなければ夢は進まず
衰え枯れていくそれだけさ

過去の栄光しか振り返らない
今を真面目に考えてない
流れる時間は残酷だから
いつも未来を恐がっている

よどんだ水は先は見えない
見えなければそりゃ恐いだろ?
流れることで水は澄むはず
そこで希望を探せばいいさ

過去を見ててもいつかは未来
その時あなたはこのままでいい?
続けることしかできぬ僕だが
いつか誰かの目にとまるはず
posted by かおり at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

「質問」

過去に思いを寄せるのは
未来に夢を見ないから
昔が光って見えるのは
一寸先は闇だから

夢に限りをつけてない?
光に種類をつけてない?
自分で道をせぱめては
勝手に落ち込みしていない?

昔ばかりを思うのは
明るい未来を信じない
過去に逃げてしまうのは
不安がとても恐いから

夢に不安はつきものさ
冒険しなけりゃつかめない
それをしてこそ成長し
大きく育つものだろう?

何が夢かは決めてない
目指すところも不明だが
いつも恐怖が邪魔をして
思うようには動けない

夢追い人にはなりたいが
とても臆病すくみ足
こんな僕でもいいですか?
この場を借りて聞いてみる
posted by かおり at 22:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

「傷も痛みも」

どれだけ時間が経とうとも
薄らぐことのない傷は
捨てて流してしまえばいい
思うこともあるけれど

消えない傷はあるけれど
それを無駄にはしたくない消せない傷は辛いけど
それをプラスに生きていく

いつまでたっても変わらない
生まれた傷のその痛み
ごまかそうとはするけれどできなく嫌になるだけで

消えない痛みはあるけれど
それらの全ては無駄じゃない
消えない痛みは辛いけど
それらの全ては糧(かて)になる

目を覆いたくなる出来事も
生きてる限り生まれるが
それらは全部必然で
試されてるんだ伸びるため
posted by かおり at 20:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

「そよ風」

信じさせてくれないか
人のぬくもり底力
今は嘆いて逃げてるが
いつかはここに立っている

だからそれまで待ってます
寂しい思いはするけれど
不安で涙も出るけれど
それも試練と耐えるから

疑わなくていいですか
回復したら強くなる
今は暗く沈むけど
いつかは空見て笑えると

だからそれまで生きている
辛い思いはしてるけど
死にたくなっちゃうこともある
だけどこれは怪我だから

今は乾いてないけれど
いつかは"かさぶた"になるから
それまで風を送ります
募金という名のそよ風を
posted by かおり at 17:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

「できれば」

形あるものいつかは壊れる
いくら嫌でもそれが真実
壊れてがっかりしなくてもいい
それがそれの運命だから

壊れる時は試される時
それをそのままほっといていくか
えいやと新たを作るのか
対応力を試されている

命あるものいつか別れる
いくら辛くもそれが真実
別れてがっくりしなくてもいい
いずれそうなる運命だから

別れる時が試される時
それをそのまま寂しくいるか
思い出持ちつつ進むのか
対応力が試されている

君が後悔しないのならば
止まっているのも一つの選択
だから強制できないけれど
できれば共に頑張りたい
posted by かおり at 23:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「落ちないために」

できないことは星の数
それでため息つくことも
どうにも自信がなくなって
自分の価値すら見えてない

ううん違う本当は
誉められてること知っている
だけど素直になれなくて
どうせどうせ僕なんて

できることなど少なくて
諦めること慣れている
だから自信なんてない
自分を大事にできなくて

ううん違う気付いてよ
君にはちゃんと役目ある
素直じゃないねいつの日も
いつもどうせと言わないで

後ろ向いてちゃ見えないよ
肩を叩く手気付いてよ
そして瞳を開いてよ
生きてる道を歩くため

前向き僕が叫んでる
君の側には落とし穴
このまま歩けば落ちてしまう
そんなの嫌だろ?前を見て
posted by かおり at 15:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「耐えて信じて」

足を引っ張る人たちは
転べば喜び手を叩く
責任転嫁と気付かずに
自分の非力に目もくれず

そんなの重々知ってても
言えば立場が悪くなる
理解されるその日まで
自分を信じて耐えるだけ

不平ばかりが先立って
四面楚歌に陥らす(おちいらす)
責任全て押し付けて
自分の役割気付かずに

それはそれでかまわない
反抗してもむなしくて
分かってもらうその日まで
自分を信じて生きるだけ

耐えて信じて生きていく
悲しく辛く泣きながら
文句言いたい時もある
諦めたい時あるけれど

耐えて信じて生きていく
はがゆい批判に泣きながら
目をそらしたい現実や
逃れ(のがれ)たい時あるけれど
posted by かおり at 15:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

「覚悟」

年扱いは怒るのに
年のせいにはすぐしてる
誰かに言われたくはない
自分の言い訳にはするが

胸に手を当て聞いてごらん?
そんな矛盾してないかい?
どうして?どこが違うのさ?
自分勝手と違うのかい?

他人に言われるのは嫌で
だけど自分の言い訳で
まだまだ僕は若いはず
仕方ないさ年だもん

胸に手を当て聞いてごらん?
そんな矛盾言ってない?
いつも都合のいい人間
いつも逃げ道作ってる

年に見られたくないなら
年のせいにしては駄目
それはしんどく疲れるが
自分を嘘にしないため
posted by かおり at 18:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「助けて」

鉄砲玉な性格で
後悔多いmy life
それが魅力とされてるが
真っ赤な生傷たえなくて

容易に会えぬ現実に
落ち込みたくなるmy life
出会えた意味はきっとある
生まれた生傷癒えないが

忘れてないよと言われたい
一人で過ごすmy life
空虚な天井見つめては
生傷癒す声を待つ

隠しきれない泣き言に
崩れそうなmy life
いつもは勇気を与えたい
でも
傷みに倒れたい時も
posted by かおり at 17:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

「ごめん」

「ごめん」を使うのたやすくて
気付けば口がその形
忘れたわけではないけれど
何故か言えない「ありがとう」

いつも迷惑かけている
そういう思いが強すぎて
感謝の気持ち伝えたい
なのに言えない「ありがとう」

「ごめん」を使うの簡単で
気付けば口走っている
言えないわけではないなのに
口から出ない「ありがとう」

迷惑かけるは悪くない
それが生きることだから
それは悪ではないだろう?
なのに言えない「ありがとう」

君にはいつも怒られる
「ごめんね」なんていらないと
君が欲しいは「ありがとう」
知っているのに言えなくて
posted by かおり at 17:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

「出逢い」

出逢えた意味があるのなら
どうか教えてくれないか?
衰えていくこの体
それに心が負けぬため

僕はみんなが思うほど
強くはなくて弱虫で
すぐに誰かの旗の下(もと)
ともすりゃ自分を消したがる

めぐり逢えて良かったなら
どうか伝えてくれないか?
会えなくなっても忘れない
自分の存在知りたくて

僕はみんなが思うより
自信はないし寂しがり
いつも誰かを頼っては
捨てられないかとついていく

出逢いに攻めたあの頃の
光に満ちた思い出を
共に語ってくれないか?
これから先に進むため
posted by かおり at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

「恋」

住んでる世界がはがゆくて
自暴自棄になることも
付けた傷を眺めては
自分の意味を疑った

素直になれない僕眺め
それでも捨てずにいてくれる
どうして?たずねる手を握り
いつも包んでくれていた

生きてる意味が見えなくて
俯く(うつむく)ことしかできなくて
涙の自分を責め立てて
存在低く扱った

素直になれない僕見つめ
それでも飽きずにいてくれる
どうして?たずねる肩を抱き
背中を押してくれていた

立場の違い感じつつ
そのぬくもり愛しくて(いとしくて)
かなわぬことは知ってても
あなたを好いていいですか?

世間の逆風受けてなお
生まれた心消せなくて
苦しいことは知ってるが
あなたを好いていいですか?
posted by かおり at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

「傷付いても」

体のことしか見えなくて
心のことなどないがしろ
仕方がないと諦めて
涙の出し方忘れてる

昔は泣き虫だったのに
涙をうらんだはずなのに
泣けない今では反対に
泣けない自分をうらんでる

今と昔はどう違う?
確かに動きは鈍いけど
それに縛られたくはない
いつも言ってたはずだろう?

現実だけしか見えなくて
夢を見ること忘れてる
どうせ無駄だと諦めて
泣くことすらもしなくなり

昔の僕は負けず嫌い
たとえ無理でも怪我しても
怒られうつむくことあれど
しがみついたろ?忘れたの?

今と昔はどう違う?
確かにできないこと増えた
だけどそれが何なのさ
いつも言ってたはずだろう?

確かに体は老いていく
無鉄砲もしなくなる
多くの経験言い訳に
世間体には勝てなくて

それが成長と言うのなら
子どもの昔に戻りたい
無鉄砲な思い出に
ため息つくこと増えるけど
posted by かおり at 20:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

「孤独」

なくなるわけではないけれど
止まればどんなに楽だろう
ひそかに静かに奪われる
自由と明日への希望

だけどどんなに望んでも
時の流れは変わらない
苦悩が和らぐ(やわらぐ)ことはなく
それに不平は言えなくて

消え去るわけではないけれど
止まればどんなに楽だろう
誰にも何も言わないが
一人で涙の時もある

強くいようとしたくとも
折れてしまいたい時も
こんなの誰も聞きたくない
ごめんなさいしか言えないが

どうにもならない分かってる
だから無理は言わないが
言わせてください一度だけ
「あなたの言葉をください」と
posted by かおり at 19:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。