2011年04月01日

「目的を」

できなくてもできているように。意識をすればちゃんと筋肉は働いているから。意識を大切に。
リハビリを受けた時、理学療法士に言われた。
筋肉には600は種類があるという。大きく動き見た目にも動いていることが分かるアウターマッスルはそのほんの一部。ほとんどはそれを深層から支える小さな動きのインナーマッスルらしい。つまり動かそうと意識することも、十分筋肉を動かすことになっているのだ。
それを言われていたのだ。でも、
できないことをすることはとても辛い。泣くほど悔しくもなるし、大きなストレスにもなる。だからその時間、好きになれなかった。
なのにどうだろう?今は自ら進んで動かない太ももを動かそうと頑張れている。
太ももを意識して動かさなくなるとハリがなくなりぶよぶよになる。私も女。どうしても美は意識してしまう。
目的が増えればできた時の喜びは倍増し、たとえできなくてもその辛さは半減する。できなくても意味がないわけじゃないしね。
するのが困難ならば目的を増やしてみよう。人はやりがいで動く生き物だから。
posted by かおり at 19:45| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。