2011年03月01日

「アンテナ」

知らないということはとても危険。健康にしても何にしても。こうしたら危ない。そんな危険事物があらかじめ目印を付けてあるわけがない。罠はいきなり牙をむくものだから。
知っていれば助かったのに…。知らないばかりに命さえ失う悲劇をよく耳にする。そう、色んなことを知るのは生きるため。まだ死にたくはないから。知らないばかりに死んでしまう、そんなもったいないことにはなりたくないから。
知るというのは勉強するということ。
勉強という言葉にアレルギーがある人は多いだろう。かくいう私だってあまり好きではない。小さい頃はそれに意味があるなんて思えなかった。考えもしなかった。
それはたよれていたから、甘えられていたから。今がそうでないわけでもないけれど。
これからも変わらず生きていくためには、きっと今以上のアンテナを張っていかなければならない。いかなる状況になろうとも、自分が自分で生きることを保てるように。
posted by かおり at 21:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。