2011年02月01日

「だろうが」

シーンの数だけ答えはある。これまでと似たようなもの。これまでとは矛盾があるものも。
でもそれは、それだけ様々な経験をしてきた証。「バカの一つ覚え」じゃない証。それだけの対応力があるということの証。たとえ矛盾している答えしか出なくても、開き直ってそれに自信を持っていいじゃないか。答えさえ出せないよりよっぽどすごいのだから。否定されるものではない。されていいものではない。
経験には楽しいものばかりではない。泣くほど辛いものもあり、実際泣いたこともあるだろう。でも恐れないで。逃げないで。きっとその涙はいつか役立つ時が来るから。
涙の分だけ人は強くなれる。無駄な涙は決してないから。"若いうちの苦労は買ってでもしろ"、それは昔から言う。
厚みのある、少々の風では吹き飛ばない人間へ。そんな強さに憧れる。なるには傷だらけ覚悟だろうけど。
posted by かおり at 22:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。