2010年08月30日

「孤独」

なくなるわけではないけれど
止まればどんなに楽だろう
ひそかに静かに奪われる
自由と明日への希望

だけどどんなに望んでも
時の流れは変わらない
苦悩が和らぐ(やわらぐ)ことはなく
それに不平は言えなくて

消え去るわけではないけれど
止まればどんなに楽だろう
誰にも何も言わないが
一人で涙の時もある

強くいようとしたくとも
折れてしまいたい時も
こんなの誰も聞きたくない
ごめんなさいしか言えないが

どうにもならない分かってる
だから無理は言わないが
言わせてください一度だけ
「あなたの言葉をください」と
posted by かおり at 19:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161044906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。