2012年10月22日

「もったいない」

人は、自分より優れている人を好まない。それどころか、そんな人は嫌う。うとましく思い、その人が暗く落ち込むことを願う。それは時として、その人自体を否定することに。そこから"いじめ"というものは発生する。
得意としない分野でのあらが探され、そこをけなされる。それは存在を否定したくなるほどにこっぴどく。
今、"いじめ"による自殺がクローズアップされているが、私は"いじめ"られている人に伝えたい。
自信を失う必要はないのです。
確かにあなたにも悪いところはあるかもしれない。でもそれは人間のこと。誰にだってそういうのの一つや二つあるさ。それはあなたが一番悩んでいるしょう?
なのにそればかりがクローズアップされる。それは、それ以外のことで相手は勝ち目がないから。
そう。いわばいじめは"ひがみ"。自分が優位に立つための自己中心な行為。そこに意味は薄い。
自殺なんてもったいないんよ。あなたは"勝って"いるのだから。
posted by かおり at 22:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。