2012年07月15日

「僕だけ?」

いつまでもいたいけれども
いつの日かまた会えるように
バイバイはまたねのサイン
終わらない始まりの時

いやいやと首を振るけど
時間だと振り向く背中
寂しくて名前を呼ぶが
その答え返ってこない

いつまでも側にいたいが
それぞれの暮らしがあるし
バイバイはまたねの合図
終わらない温もりの時

じゃあまたと帰ってく君
その背中信じたいから
また合えるその日までは
諦めずここで生きよう

弱い自分と強い自分と
せめぎあうのは僕だけですか?
弱い自分と強い自分と
同居するのは僕だけですか?
posted by かおり at 21:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

「辛くて」

みんなにすごい言われるが
当の本人自信なく
心の奥で泣いている
持たれる期待強すぎて

そうして夢は捨てられる
周りの過度な重圧で
捨ててしまえば楽になる
そんな言葉に魅せられて

当の本人分かってる
みんなにいいなと言われても
本当は泣き虫あかんたれ
それを誤魔化してることを

夢追うことに疲れたし
そろそろやめようすることも
逃れる重圧魅力あり
手を伸ばそうとすることも

分けることができなくて
大きな重圧負ける危機
僕の悩みは特殊かも
聞けない孤独に生きている
posted by かおり at 22:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

「どうすれば?」

私たち障害を持つなどして、ヘルパーを使っている人が太るとよく言われる。
「もっと痩せて」って。
確かに体重の重い人のケアは力がいるし動作も大変になる、「痩せてほしい」って意見が出るのは当然だろう。たとえ仕事でも、楽な方がいいんだから。でもね、
私たち障害者には歩けない人が多い。さらに私のように、全く腹筋のない人も。
そういう人の運動法の情報、どこにある?ダイエット法が書いてあるという雑誌紹介を見て、起こるのはいつも落ち込み。だっていつもカヤの外、なんだもん。歩けること、腹筋のあることが大前提。
少数派は放っておかれるのが世の常。需要と供給にはバランスが必要だから。ある意味諦めてもいる。儲からないものにページなど使ってくれるわけがない。
痩せて、なんて言葉は矛盾。その人の単なるわがまま。じゃないと言うのなら、その方法も教えてよ。どうすればいいのさ!
<追記>
最近、ロングブレスダイエットなるものが流行っている。3秒鼻から吸い口から7秒吐くもの。それなら私にも可能。
曲がりなりにもできることが出てきて嬉しい。
posted by かおり at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。