2012年05月29日

「おやじギャグ」

「脳はブドウ糖しかNoと言う」そんなことを言った人がいる。
「ああまたか」 なんて、そのおやじギャグはをしらっと流す人もいるだろう。「サブー」と馬鹿にして。でも私はそれをしなかった。というかできなかった。なぜなら、
だってそれは正解ですもの。脳はブドウ糖しかエネルギーにしない。まさに「脳はブドウ糖しかNo」なのだ。
しばらく前、低炭水化物ダイエットなるものが話題となった。その時私は大きな危機感を覚えた。 「ああ、馬鹿が増える。」…と。
炭水化物はでんぷん。でんぷんはブドウ糖の集合体。炭水化物を取らないということすなわち、ブドウ糖を取らないということ。
そしたらどうなる?ブドウ糖しか使わない脳はエネルギー不足になる。エネルギーが不足すると働きは停止する。脳が働かないとどうなる?馬鹿になるだろう?
おやじたちは私たち若造よりも人生経験が多く長い。その中で得た知恵もあるだろう。だからたとえギャグでも、もっと耳を傾けるべきじゃない?
まあ、おやじギャグに役に立つものはほとんどないと思うけど(笑)。
posted by かおり at 21:15| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

「継続」

過ぎ去りし日の思い出を
負けそうな時思い出す
それは優しく暖かい
希望に染まる日々だから

そんな自分がうらめしい
弱さを認める時だから
これから先を諦めて
逃げ出しているだけだから

過去に出会った人のこと
辛い時に思い出す
その手は優しく裏切らず
否定されることもない

そんな自分が恥ずかしい
目を閉じているだけだからそれで手首を見ることも
情けない僕消したくて

過去は積み重ねるもので
思い返すものでない
今は辛いか信じたい
続けたならば光ること
posted by かおり at 22:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「他力本願?」

過去の栄光しか見えなくて
今の幸せさえ見ていない
流れる時間は残酷だから
来る未来に夢を持てない

よどんだ水では夢は咲かない
流れるだから海が開ける
流れがなければ夢は進まず
衰え枯れていくそれだけさ

過去の栄光しか振り返らない
今を真面目に考えてない
流れる時間は残酷だから
いつも未来を恐がっている

よどんだ水は先は見えない
見えなければそりゃ恐いだろ?
流れることで水は澄むはず
そこで希望を探せばいいさ

過去を見ててもいつかは未来
その時あなたはこのままでいい?
続けることしかできぬ僕だが
いつか誰かの目にとまるはず
posted by かおり at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。