2011年07月29日

「生きているのは」

心のどこかで理解していた
永遠なんてどこにもないと
季節のように戻りもしない
いかなる変化もあり得るものだと

突然起きた不幸な変化
苦い食べ物飲み込むように
すぐに終われと願うだけど
終わる糸口見つからなくて

心のどこかで覚悟はしてた
いつかは全て崩れてゆくと
今は刹那で変わりゆくもの
だから呼吸を許されている

突然襲った辛い現実
いきなり頭ぶたれるような
痛みが引くこと願うけれども
それが叶うことはないから

誰もが痛み抱えながらも
与えられてる使命があるから
だから鼓動は打ち続けてる
その名目は見えないけれど
posted by かおり at 18:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

「原発」

急いだ結果は破滅への道
少し時間をくれないだろうか?
悪事の二の舞踏みたくないから
今度こそはと過去を背負って

イライラされて批判をされて
休むことさえ許されなくて
力の補充もできないなのに
それでも立たなきゃ不満とされる

急いで得られるものはないから
少し待ってはくれないだろうか?
またの苦境はごめんだだから
過去に学んで歩かせてくれ

不要とされてそっぽを向かれ
目を向けてさえくれないなのに
過去の精算ばかりがかさみ
先行投資できないでいる

大きな失敗逃げはしないが
芽吹きの時間をくれないだろうか?
責任義務を果たした上で
来季の花を育てたいから

そんなことは虫がよすぎる
きっとうまくは進んでいかない
得と損は紙一重のこと
その現実を突きつけられたから

大きすぎて手に負えなくて
考えたくはないのだけれど
それでも書かずにいられないのは
いらないなんて言い切れないから

 <追記>
原発を容認するつもりはない。が、今の生活を維持していくには簡単に否定もできなくて…。きれいごとだけでは…
posted by かおり at 21:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

「まどわない」

悪い報道鵜呑みにしないで
沈んで暗くなるだけだけだから
楽観過ぎると笑われるけど
明るい世界夢見たいから

不安をあおる報道の波
できれば浴びたくないのだけれど
逃げられなくていつも落ち込む
関係ないと割り切れなくて

悪いと思えば悪くなるだけ
暗いトンネル続いていくだけ
お気楽過ぎると笑われるけど
楽しい未来夢見たいから

暗闇見せる報道の波
できれば見たくないのだけれど
聞こえる声を無視できなくて
その惨状がまぶたに映る

言ってください伝えてください
そんなのほんの一部にすぎない
批判ばかりを言われていたら
立つ気力さえなくしてしまう

悪い噂を聞いた人から
あることないこと言われるけれど
言葉半分にしていたらいい
自分の精神守るためにも
posted by かおり at 21:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いつかは」

体の痛みと変わらないだけ
心の痛みも続いているのに
見えないものは不確かだから
心はいつも二の次になる

体の痛みは消えゆくけれど
心の痛みは消えてくれない
どんなにそれに苦しんでても
ただただ前を向くしかなくて

体の悲鳴と変わらないだけ
心も悲鳴をあげているのに
聞こえぬものは不確かだから
心はいつも二の次になる

体の悲鳴は消えゆくけれど
心の悲鳴は消えてくれない
どんなにそれに悲しんでても
それでも生きていきたいし

痛みに悲鳴終わりはないけど
沈んだ顔では孤独になるだけ
今は無理かもしれないけれで
弾ける笑顔をいつかは見たい
posted by かおり at 20:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。