2011年06月19日

「見てしまうのは」

何もできない無力さを
助ける人にぶつけてる
いくら時代は進もうと
その現実は変わらない

そう言う僕もその一人
解るだけにやるせなく
見えないふりに終始して
逃げたらどんなに楽だろう

何も分からぬ不安さを
助ける人にぶつけてる
いくら進化はしようとも
その現実は変わらない

そう言う僕もその一人
いつも不安に震えてる
分からぬことは無視をして
逃げられたなら楽なのに

使命があるとは思わない
できることなら見たくない
だけど耳が塞げない
大切なもの守るため

耳に入る人の声
それが僕は気になって
悲しくなること知ってても
前見て生きていたいから
posted by かおり at 18:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

「言わない」

頑張れ頑張れ言われると
うざくなっちゃうこともある
どうせ君には他人事さ
素直になんてなれなくて

頑張れなんて言わないで
出来ることはやっている
なのにそんなに言われると
自分の小ささやるせなく

煽らせないで頑張れと
自分のペースで歩かせて
イライラするかもしれないが
急いでいいことはないから

頑張れじゃない信じてる
今は闇しか見えないが
朝の来ない夜はない
いつかは光は照らすから
posted by かおり at 23:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

「したいこと」

何ができるかなのでなく
僕は何がしたいのか
希望の見えない闇の中
諦めたなら終わりだと

きっといつかは花が咲く
今は闇しか見えないが
諦めたなら永遠に
まばゆい明日は来ないから


自分の無力に沈むより
多くの協力信じよう
僕は確かに非力だが
何かはできるはずだから

きっといつかは日が昇る
今は闇の道だけど
諦めたなら永遠に
下を向いたままだから

不謹慎かもしれないが
花の苗を送りたい
苦悩の上にも太陽を
それか僕のしたいこと
posted by かおり at 21:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | かおりのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。